2010年04月13日

「大臣は逆走」進次郎氏、亀井氏と“初対決” (産経新聞)

 小泉純一郎元首相の二男、小泉進次郎衆院議員(自民)は6日の衆院財務金融委員会の質疑で、父親の進めた郵政民営化に反対した国民新党代表の亀井静香郵政改革・金融相との“初対決”に臨んだ。

 進次郎氏は郵政改革に関する論戦の中で、国民新党の政党支持率が0%となった産経新聞社とFNN(フジニュースネットワーク)の合同世論調査などの結果を持ち出し、「支持率0%の政党に振り回されている民主党はおかしい。去年の衆院選で国民が300議席を与えたのは民主党で国民新党ではない。郵政見直しについても50%以上の人が反対だ。大臣は逆走している」とまくし立てた。

 痛いところを突かれた亀井氏は「世論調査の結果は常に動く。世論調査に従って政治をやるなら、政治家はいりません!」と猛反論した。もっとも、質疑後冷静に戻った亀井氏は記者団に「人の心理をくすぐるのは、父親譲りでうまいな」と余裕の表情で語った。

【関連記事】
自民、選対本部長代理に石破、石原、小池氏 舛添氏は拒否
人気健在!小泉進次郎氏見たさに街頭演説会500人超
美人市議や進次郎氏も参加 政治家ブログサイト開設
「美人すぎる市議」が20代最後の日に“重大決意” 小泉進次郎氏前に
小泉進次郎が本会議デビュー「ヤジ多いほど燃える」
「中国内陸部の資源事情とは…?」

猿人化石、新種と発表=195万年前、南ア洞穴で発見−ヒト属祖先との見方も(時事通信)
「小便かかった」会社員から5000円強奪、2人組逮捕(産経新聞)
「ナイトスクープ」岡部まりさん、民主擁立へ(読売新聞)
軍政ミャンマー潜入記出版…神戸の報道写真家(読売新聞)
【神戸スイーツ年代記(クロニクル)】パティシエ エス・コヤマ 小山進 46歳(産経新聞)
posted by ナカイ マサツグ at 13:14| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。